川崎市高津区、川崎市宮前区、川崎市中原区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)溝の口ステーション

溝の口ステーション
【営業時間】9:00~17:00【定休日】土日祝日、年末年始【電話番号】0120-008-916 お問い合わせ

自宅でも注意!エコノミークラス症候群

2020年11月27日

訪問鍼灸マッサージKEiROW溝の口ステーションの岩間 郁雄です。
当店のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は車や飛行機の長旅でおこりやすいエコノミークラス症候群を紹介します。

エコノミークラス症候群とは突然に動悸や息切れ、呼吸困難などが起こる怖い症状です。
発生する原因は血液の流れ=血流が悪いと起きる症状で、飛行機や新幹線などで固い座席に長時間座ることで大腿部の血管が圧迫されて発症する場合が多いことからエコノミークラス症候群の名前が付きました。

血流が悪くなると血管内にカサブタが出来てしまうことがあります。
このカサブタのことを血栓と呼び、この血栓が立ち上がるなど何かの拍子で剥がれ落ちてしまうと、血流にのって全身を巡り最後は一際細い血管で詰まってしまい,血流を塞いでしまいます。血流が塞がれると体に酸素が行き渡らなくなり、内臓や筋肉の活動が低下していき、最悪死にいたる症状なのです。

エコノミー症候群は血流が悪くなと起こる症状です。

対策として
1、 運動をする
貧乏ゆすりなどの細やかな動きで足を動かして血流を促す。
2、 水分を摂る
血液の水分が少ないと、血液がドロドロになり血流が悪くなります。特に乾燥の強い冬は体の水分が不足しがちです。それを防ぐためにこまめに水分を補給してリスクを下げましょう。

他にも、寒さで体の筋肉が収縮してしまい血管を圧迫することでも起こります。
ベッドで寝たきりでご自身で体を動かせない方は、他者が介助して動かしても効果があります。

心当たりのある方はお気軽にご相談ください。専門の知識を持つスタッフが疑問にお答えいたします。


往診訪問エリア
川崎市高津区、川崎市宮前区、川崎市中原区、川崎市麻生区

詳しい訪問可能エリアは、お気軽にお問い合わせください。
【対応疾患例】『健康保険(医療保険)適用』
脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、脳幹出血、脳内出血、脳卒中など)、脊髄損傷後遺症、骨折術後の後遺症、リウマチ、パーキンソン病、症候群、変形性膝関節症、変形性脊椎症、筋萎縮、関節拘縮、脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍術後、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬化症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害、関節運動障害、筋麻痺、関節拘縮、その他疼痛疾患などバーチャ病、筋ジストロフィー、ニューロパチー、純粋アキネジア変形性腰痛症、変形性膝関節症、変形性脊椎症、慢性関節リウマチ、多発性関節リウマチ、腰椎椎間板ヘルニア、脳性麻痺、頚髄損傷、頸椎損傷、四肢体幹機能障害、広範脊柱管狭窄症、大腿骨頸部骨折後遺症、四肢筋萎縮、大脳皮質萎縮、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、サルコイドーシス、末梢神経障害、ギランバレー症候群、神経原生筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、全身廃用症候群、上下肢筋肉廃用性萎縮、閉塞性動脈硬化症、長期透析合併症による骨関節障害、多発性筋炎・・・など

溝の口ステーション
郵便番号
216-0022

住所
神奈川県川崎市宮前区平5-2-52 石坂ハイツA棟102号室

電話番号
0120-008-916

営業時間
9:00~17:00

定休日
土日祝日、年末年始